スペインの夏の風物詩“dominguero”って誰のこと?


Ecomスペイン語講師Ana

Ecomのアナです。¡Hola, queridos amigos!

最近ようやく春が来て、気分が良いですね。その勢いで、今日は少し先の、夏の話をしたいと思います(笑)
さて、夏は“domingueros”がお気に入りの季節です!え、“dominguero”が何だって?こちらは、スペインの典型的な人物を表す言葉です。とっても面白いし、スペイン人を理解するために役立つと思うので、紹介させてください!
“dominguero”とは、スペイン語を学んでいる方ならご存知の通り“domingo”(日曜日)から来ています。日曜日はもちろん、働きません。家族と一緒にどこかへ旅行したり、ビーチへ行ったりします。

 

スペインの夏の風物詩“dominguero”って誰のこと?

 

“dominguero”は自分の“domingo”(日曜日)を、まるで人生最後の日みたいに楽しみます。テーブルいっぱいの食物と飲み物を用意して、家族で集まります。もちろん家族とは、おじいちゃんやおばあちゃんも含めた、周りの人みんなですよ!彼らが全員集まって、食べて飲んでカードゲームをして、スポーツの試合をラジオで聴いたりします。みんな大騒ぎして幸せそうで、その日を楽しみます。

 

スペインの夏の風物詩“dominguero”って誰のこと?

 

 

とっても幸せそうな“dominguero”ですが、時々非難の対象になることもあります。彼らのせいでビーチはとっても混むし、ゴミが散らかってしまいます。さらに、帰りの道もひどい交通渋滞です。皆さんが夏のスペインに来る時は、“dominguero”が行きそうな場所は避けたほうが良いかもしれません。

ちなみに、日本にこのようなタイプの人っていますか?
Saludos,
Ana

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。