面白スペイン語。Chupar faros(灯台を舐める)の意味とは?   更新しました!



¡Hola a todos!
こんにちは、EcomのPaulaです。
スペイン語は様々な国で話されていますが、メキシコ特有の表現があります。
ここでは、そうした面白いフレーズを紹介したいと思っています。
今日は「Chupar faros」の使い方を勉強しましょう。

まず、「Chupar」は舐めるという意味で、
「faros」は灯台という意味です。

なので、そのままだで翻訳すると、
「灯台を舐める」
という不思議な意味になってしまいます。
しかし、実際の意味は全く違います。

この表現は、物が使えな、役に立たなくなる時に使います。

例えば、コンピューターが壊れた時、「Ya chupó faros」と言います。
ポイントは、動詞「chupar」をいつも過去形で使う点です。
直訳では、「灯台を舐めた」といった感じでしょうか・・・。

実際の会話を見てみましょう:
A: Se me cayó el celular en la bañera.
携帯をお風呂に落としてしまった。
B: Yo creo que ya chupó faros.
もう使えなくなったでしょう。

しかし、どうして“灯台を舐めた”と言うのでしょうか?。

その理由は、昔のメキシコで「Faros」(灯台)というブランドのたばこがあったからです。とっても品質の悪いタバコだったので、「Faros」(灯台)を吸うと早く死んでしまうと言われていました。
なので、壊れてるものは「Faros」を舐めた(吸った)せいで、死んでしまった(使えなくなった)という意味になります。

面白いですよね。
私も、このフレーズの意味が分かりませんでしたが、子供の時、お父さんが説明してくれたので意味が分かります。
もしかして、多くメキシコの若者が、実は、フレーズの意味(由来)を分からないで使っているかもしれませんが、日常生活で頻繁に使われている表現なので、是非覚えてみてくださいね。

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。


ECOMPaula

About ECOMPaula

メキシコトップの国立メキシコ大学卒業。ECOMで、スペイン語講師、オフィススタッフとして働く。日本語検定1級保持。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。