メキシコの女の子は、15歳から大人の世界へ仲間入り?!


paulaスペイン語先生こんにちは!EcomのPaulaです。

メキシコで、女の子は15歳(quinceañera)になると、とても多くのパーティーの機会が増えてきます。

そうです。メキシコでは、15才から、大人の世界?に、少し足を踏み入れていくのです。

 

15才の誕生日を迎えた女の子は、パーティーに参加し、お嬢様が着るようなドレスを着て、色んなプレセントをもらって、アイドルとして扱われますので、

多くの女性は15歳になることを、ずっーと前から楽しみにしています。

それほど、メキシコ女子にとって、15才は、人生の一つの大きなイベントなのです。

 

元々、15歳のパーティーをする理由は、メキシコでは、女性は15才から結婚できる年齢だったからです(現在は18才です)。

そこで、よい男性パートナーを見つけるために、15才の誕生日を迎えた女の子の両親は、パーティーに多くの人を誘って、大人になった娘を社会に紹介しました。

 

しかし、現在、結婚年齢も上がり、元々の目的がなくなりました。

 

現在、15歳のパーティーの目的は、女の子が、一日お姫様気分を味わうために行います。

なので、おしゃれなリムジンや、クラブみたいなパーティールームなどで過ごしたり、周りの人は気を使ってくれます。

よく考えたら、日本の結婚式に少し似ているところがあると思います。

 

15才のパーティーは、単にバカ騒ぎをするイメージではなく、

きちんと最初に教会に行かなければならないです。

そのあと、パーティー会場で、

「quinceañera」(15歳になる女性)は、プレゼントとして、最後の人形をもらいます(もう子供ではいから人形も最後、という意味)。

そして、quinceañera(15才の女の子)の家族や、有人の男の子のグループがいて、皆にダンスを踊ります。

これは、「chambelán」と呼ばれています。

そして、皆でパーッと騒ぎます。

しかし、

残念ながら、こうした行事は、今後少なくなっていくと思います。

15歳のお祝いはあっても、祝い方が多様化してきたからです。

例えば、私は15歳のパーティーの代わりに、親からカナダ旅行をプレゼントしてもらいました。

私の友達も似た感じでした。

 

ただ、私のいたメキシコシティーよりも、田舎にいけば、15歳のパーティーはまだ有名ですので、昔からのやり方で続けているそうです。

p.s:

私が日本旅行した時、友達の結婚式に参加しました。

花嫁が現れた時、とてもびっくりしました。

なぜかというと、花嫁のドレスが「quinceañera」と同じようなドレスだったからです。

カラフルで綺麗なドレスなので、私も、カナダ旅行ではなく、昔からの15歳パーティーにすればよかったなと少し後悔しました。

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。


ECOMPaula

About ECOMPaula

メキシコトップの国立メキシコ大学卒業。ECOMで、スペイン語講師、オフィススタッフとして働く。日本語検定1級保持。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。