頻出フレーズ”Ya mero”(もうすぐ)をメキシコで使ってみる。


¡Hola a todos!

EcomのPaulaです。「メキシコ人は、とてもSpecialな人間だ」という冗談があります。なぜかというと、メキシコ人のみぞ知る時間感覚があるからです。

それは「Ya mero」というフレーズから見ることができます

「Ya mero」は日本語で「もうすぐ」という意味です。

 

ただ、「Ya mero」のメキシコ人のみが共有する意味は、「まだまだ時間かかります」というものです(笑)。

これはメキシコ人時間というものです。何かをするのに、想定よりも時間がかかります。たぶん、メキシコ人はゆっくりするのが好きだからだと思います。

なので、「Ya mero」と言われたら、意味はもうすぐ、でも、もっと時間がかかると捉えるとメキシコ人とのコミュニケーションがスムーズになります。

 

 

 

 

例文を見てみましょう。

A: ¿Ya terminaste la tarea?

A: もう宿題を終わりましたか。

B: Ya mero

B: もうすぐだよ。

 

多分、Bさんは、宿題を終わらせるのに、まだ時間がかかりそうです。

これ以上聞かれたくないから、とりあえずYa meroと言っている可能性もあります。

ただ、「Ya mero」が、本当に「もうすぐ」の意味もあります。状況によって意味が変わります。

次は、本当の意味での「Ya mero」の例です。

A: Ya mero llegamos a la estación.

A: もうすぐ駅に着きますね。

B: Sí, hay que prepararnos para bajar

B: そうだね。準備しよう。

 

この表現は普段の生活によく使われているので、メキシコ人に「Ya mero」と言ったら、スペイン語がとても上手と思われます。今度、メキシコで「Ya mero」を言ってみてくださいね。

もちろん、他のスペイン語圏でも共通して使えます。

 

 

 

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。


ECOMPaula

About ECOMPaula

メキシコトップの国立メキシコ大学卒業。ECOMで、スペイン語講師、オフィススタッフとして働く。日本語検定1級保持。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。