スペイン語で、恥ずかしい時必ず出てくる動物は!Oso!(熊)


¡Hola a todos!

EcomのPaulaです。日本で、恥ずかしいいことをしてしまったら表現がありますか。メキシコで、多くの表現があります。今日は、一番有名な表現を紹介したいと思っています。それは「Hacer el oso」であります。

単語の意味は簡単ですね。

Hacer: する

oso: 熊

 

ただ、動詞には注意です。主語にあわせて動詞を変えなければなりません。しかも、過去のことであれば、変更することも必要です。

また、この表現のバリエーションもあります。

恥ずかしいことをしたり、見たり聞いたりした時など、「¡Qué oso!」と言います。

「なんて、(熊なの!」恥ずかしいの!」といった感じでしょうか?

会話例を見てみましょう。

A: Hice el oso en frente del chico que me gusta.

A: 好きな人の前で恥ずかしいことしてしまった。

B: ¿Qué te pasó?

B: 何をしたの。

A: Eructé cuando estábamos hablando.

A: 話してた時、ゲップをしちゃった。

B: ¡Qué oso!

B: 恥ずかしいね!

 

昔、サーカスでお客さんが笑うために、熊は踊ったりしていました。

そこで、恥ずかしいことをすると、周りの人が笑う事がありますね。なので、現在「Hacer el oso」と言います。

熊さん、頑張っているのに、かわいそうですね。

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。


ECOMPaula

About ECOMPaula

メキシコトップの国立メキシコ大学卒業。ECOMで、スペイン語講師、オフィススタッフとして働く。日本語検定1級保持。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。