胸騒ぎは悪いトゲから。「Dar mala espina」


¡Hola a todos!

EcomのPaulaです。初めて人と会う時や、場所にいるなど、理由なしで不安になったことがありますか。悪いことが起こると感じて、不安になります。悪いことを予想するような気持ちですね

スペイン語で、その気持ちは「Dar mala espina」と言います。

日本語の「悪い予感がする。胸騒ぎがする」と同じ意味です。

単語の意味をチェックしておきましょう

Dar: あげる。与える

mala: 悪い

espina: 棘

「Dar mala espina」は肯定的な表現ですが、否定的の形も言えます。

否定的なら、「No dar buena espina」になります。

例文を見てみましょう。

A: No me da buena espina esta tienda.

A: この店は胸騒ぎがする

B:  A mí tampoco, mejor vámonos.

B: 私もそう感じる。出たほうがいい。

 

この表現のポイントは代名詞を付けることです。

会話文では、「A」が私なので、動詞Darの前に代名詞「Me」を付けました。

 

今回のフレーズは、単語からなんとなく意味が想像できますね。

是非会話文の中に入れて使ってみてください。

 

 

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。


ECOMPaula

About ECOMPaula

メキシコトップの国立メキシコ大学卒業。ECOMで、スペイン語講師、オフィススタッフとして働く。日本語検定1級保持。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。