よい意味で期待を裏切られた時に使うフレーズ「Dar el gatazo」


¡Hola a todos!

EcomのPaulaです。

日本の有名なものの1つに100円ショップがあります。

安いのに、値段以上の価値のものが揃っていて、外国人はびっくりしています。

そんな100円ショップですが、ダイソーなどのお店が、メキシコにあります。

私も高校生の時、よく買い物をしていた。

 

今日は、そういう値段のわりにお得感があるモノに対する面白い表現を紹介したいと思います。

そのフレーズは「Dar el gatazo」です。意味は、ある物の質はあまりよくないですが、いい質に見えます。

または、物が古いですが、新しく見えます。

「dar」は、与える、あげるという意味です。

「Gatazo」は、単体では意味をなさないですが、偽りといったニュアンスの言葉になります。

ですので、「Dar el gatazo」のフレーズとして覚えてしまいましょう。

 

例えば、例文を見てみましょう。

A: ¿Crees que este vestido se ve barato?

A: このドレスは安く見えると思う?

B: No, la tela está bonita. Da el gatazo.

B: 布は綺麗なので、安く見えない(よい意味で期待を裏切っている)。

「Dar el gatazo」は、ワンフレーズでも使えて便利なので、皆さんも覚えて使ってみてくださいね。

 

 

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。


ECOMPaula

About ECOMPaula

メキシコトップの国立メキシコ大学卒業。ECOMで、スペイン語講師、オフィススタッフとして働く。日本語検定1級保持。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。