2013年のラテンアメリカビッグニュースTOP3


Ecomスペイン語講師lina
¡Hola! イーコムのリナです。皆さん、お元気ですか。2014年になりましたね。皆さんが幸せな1年を過ごせるように願っています。さて、今日のテーマは…


2013年にラテンアメリカで話題になったニュースです!

2014年が始まったばかりの今のうちに、2013年にラテンアメリカで何があったかを、おさらいしておきましょう!

 

第1位:1200年の歴史で初の出来事 ~ローマ法王フランシスコ~

2013年のラテンアメリカビッグニュース ローマ法王フランシスコ1200年の歴史を持つローマ・カトリック教会で初めて、ヨーロッパの出身でない人が法王に選ばれました。それがフランシスコ法王です。
フランシスコ法王はイタリア系移民の子供で、アルゼンチンで生まれました。貧しい人の守護聖人であったアッシジのフランシスコという聖人から名前を取っていて、質素な暮らしをすることで知られています。
貧乏な人や孤独な人のための教会を作りたいとよく言っていて、以前の法王とは違って、教会の椅子や、おしゃれな車などは全く使いません。
自分の誕生日をバチカンにいた4人のホームレスと一緒に祝ったことや、Facebookに投稿された写真なども話題になりました。

 

第2位:日本とコロンビアが同じグループに! ~ブラジルW杯組み合わせ抽選会~

2013年のラテンアメリカビッグニュース 2014年W杯組み合わせ抽選会ラテンアメリカではもちろん、サッカーが一番人気のスポーツです!W杯は、2014年の一番重要なイベントです。そのため、今年の12月に行われた組み合わせの抽選会も皆が注目していました。
南米からはブラジル、アルゼンチン、コロンビア、チリ、エクアドル、ウルグアイの6ヶ国が出場して、北中米からはコスタリカ、ホンジュラス、メキシコの3カ国が出場します。ちなみに私の国、コロンビアは日本と同じグループCです!どっちも応援しているけど、やっぱりコロンビアに勝ってほしいですね(笑)

 

第3位:W杯は開催できるの…? ~ブラジルの反政府デモ~

2013年のラテンアメリカビッグニュース ブラジルの反政府デモこのブラジルの抗議運動は、W杯に関連しています。2012年に、バス料金の値上げに反対するデモが起きて、それがきっかけで2013年には全国にデモが広がりました。FIFAコンフェデレーションズカップ2013で、リオデジャネイロオリンピック2016、そして来年のFIFAワールドカップ2014と、ブラジルではスポーツのイベントが重なっています。そのせいで国の支出が大幅に増加して、国民の生活が厳しくなっているんですね。

 

以上、ラテンアメリカの2013年ビッグニュースTOP3でした。来年はどんなことがあるのでしょうか。素敵なニュースがあるといいですね

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。