ロシア・ペルミの穴場観光スポット!ユニークな博物館たち


yulia

Всем привет! みなさんこんにちは。Ecomのユリヤです。私が住んでいる町ペルミでは、毎月第3水曜日が博物館の無料鑑賞日となっています。他にも例えば学生無料ウイークもあったりしますよ!(サンクトペテルブルクなど他の町でも似たような日があります。)

ということで先日は、1日に2つの博物館を訪ねるという、私にしては文化的な日を過ごしました。

ペルミの博物館は元々安く入ることができて、たったの60ルーブルなのですが全然人が来ません。だから、無料の日とはいえ人は少なかったです。町のちょっと外れの方にあることも理由の一つですね。ちなみに、スタッフはほとんどが年金暮らしのおばあちゃんです。

 

1:Дом-музей Н.Г. Славянова

ロシア・ペルミの穴場観光スポット!ユニークな博物館たち

 

ここはなかなか面白い場所で、自動車生産や建築などでよく使われる「アーク溶接」の発明者、スロヴャノフが暮らしていたお家です。私はメカ類がまったくダメなのでよく知りませんが、どうやらこのアーク溶接という方法は、今も世界中で使われている便利なものだそうです。これを発明した人がペルミに住んでいたなんて、これは行かなきゃいかん!と思い、行ってみました。
ちなみに友人によると、この人はペルミでは結構知られています。なぜなら学校時代に博物館へ行かされたり、先生が「この町から出た偉人」として話をしたりするからです。ただ、ロシア全体で見ると知られていませんね。

 

ロシア・ペルミの穴場観光スポット!ユニークな博物館たち

 

さて、博物館は外から見るとなかなか美しく大きな建物で、中はこじんまりとした部屋が多かったです。スロヴャノフの大学卒業証明書やアメリカの大会で優勝した作品などが飾られていました。スゴイことをしたのにペルミ以外では知られていないなんて残念だと思い、ブログに書かせていただきました。日本語のインターネットではどこにも載っていないのが不思議です。今度私がもっと詳しく書かなければ…!

 

 

ロシア・ペルミの穴場観光スポット!ユニークな博物館たち

 

 

2:Дом-музей “Подпольная типография”

ロシア・ペルミの穴場観光スポット!ユニークな博物館たち

 

ここは、ロシア革命前の白軍側が秘密に利用していた印刷所です。この建物の中でまさに、革命のための活動が行われていたのです。家主は人にこの家を貸していたのですが、まさかその相手が革命組織だとは思ってもいなかったようです。
外から見たら本当に小さくてボロイ家ですが、中では革命運動のための印刷物や当時使われていた道具、書類、お金などを観ることができ、さらに本や食器などは触れることもできます。

目立たない小さな黒い家だけど、中に入るとアジトっぽい感じで、独特の雰囲気があります。ダーチャみたいな感じもしますね。本当に秘密基地のような場所なので、歴史マニアにはオススメの場所ですよ。

ちなみに、この博物館で私が一番気に入ったのが、ここの家主が使っていたガラスホルダーです。この博物館を心から愛しているに違いない職員の女性は、「このグラスホルダーは一家の中で父親しか使ってはいけないものでした。なぜなら、それは家族のトップである証だったのです。」と教えてくれました。

 

muesum2-2
彼女の話からもわかるように、ロシア人にとってグラスホルダーはとても大切なアイテムです。次回はそのことについて書いてみようと思います☆

今回の記事いかがでしたか?
Ecomロシア語ネットではYulia講師などプロ講師がマンツーマン指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでロシア語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。