英検2級2次面接試験の触れてはいけないタブー、日本人英語の話。


皆さん、先日1月に行われた英検試験はいかがでしたでしょうか?

当校でも、たくさんの1次合格の報せが届き、まもなく始まる2次試験の面接対策に励んでおられます。

英検2級面接試験の隠された問題点。

今日は、そんな英検2次試験の中でも、2級の面接試験について触れます。

なぜ英検の中で、2級の2次試験だけを取り上げるのでしょうか?

それは、毎年、2級2次面接試験後に、ある苦情の報告があるのです。

苦情は、2級受験のお子様の親御様。特に帰国子女やインターの幼稚園のお子さんの親御様から。

どんな内容かと言いますと、

『面接試験を担当した日本人の英語が、発音が悪すぎて、子供が理解できなかった。』

という体験談です。
笑い話のようですが、実は当たりはずれはあるものの、これは結構な真実で、皆思っているけど、あえて多くは口に出さないタブーです。

実際、私自身も、英検試験の動向リサーチのため、一番最近ですと2015年準2級、2級の2つを受験し、しっかり面接も受けてきました。

準2級は、英語のやり取りが少ないのか、面接の人がマシな方だったのか、まだよかったですが、2級試験を担当した日本人の高齢男性は、ものすごい日本人英語なまりで話していました。

ずっと受験英語で育ってきた純日本人の私でも、「え?、え?」と感じながら、ある程度推測して答えたぐらいでした。

これが、日本の英語教育を受けたことがない幼児の場合でしたら、言っていることが理解できない、と親御様の苦情は実体験からもうなずけます。

ちなみに、英検は準1級まで日本人が面接も担当しますが、実際に準1級も面接を受けてきたところ、聞きやすい、なまりの少ない40代くらいの日本人男性が担当しており、他の面接部屋でも同様でしたので、準1では問題ないようです。

ですので、ある程度やり取りも入る英検2級の面接での、日本人面接官の英語は、実は、お子様英検受験生の隠れた鬼門でもあったりします。

対策

では、どうすればよいのでしょうか?

せっかく綺麗な英語を身に着けているお子様に、あえて日本人英語の先生に習わせるのも変で、もったいないですよね。

そこで耳を慣れさせるために、YouTubeの日本人英語を少し聞かせてみせるのはいかがでしたでしょうか?

英検2級の面接官と同じ、高齢の日本人の話す英語がいいです。お薦めは、日本人経営者や、日本の政治家が英語で話すものです。

1番目は、ソフトバンクの孫正義社長です。

色々と言われていますが、日本人にはわかりやすい英語を使います。

2番目は、・・・。顔も見たくない、声も聴きたくない人も多いと思います。

問題のあった舛添さんですね。語学の天才という触れ込みでしたが、生の英語を聞いてみると、うん?どうなのこれ?となるのは、ここだけの話です。

特にYouTubeでなくてもいいので、耳を少し慣れれば、あとは推測しながら、日本人英語には対応できると思ってアドバイスしています。

 

最後に、英検2級面接への、別件だけど重要なアドバイス

私もそうしましたが、英検の準2級、2級とダブル受験をする場合、午前準2級、午後2級の面接試験が用意されます。

この場合、午前の準2級試験を受けて、午後から始まる英検2級試験を一番に並びすぎると、午後の面接1番組に回されます。

面接の1回目というのは、2つの意味で不利です。

1.初めての面接者には、面接官は高得点をあげづらい。

2.日本人面接官の口が温まっておらず、英語の発音が特にひどいことが多い。

ですので、英検面接では、なるべく1番手に並ばず、2番手以降の組みで椅子に座って並んでおくとよいですよ!

 

 

 


今回の記事いかがでしたか?
よろしければ、Ecomの各種サービスも併せてご活用ください。
Ecomオンライン英会話  ・Ecom子供向けオンライン英会話

無料英単語学習アプリ「Memory」 ・Ecomの無料英語学習動画


成田 勝行

About 成田 勝行

英語は、地元名古屋の公立中学校から学び始めた純日本人的受験英語で育つ。慶應大学SFC卒。現在、Ecom英語ネット学校校長。 英検1級、準1級合格の経験から、特別に子ども向け英検準1、1級対策のクラスを持ったりする。 英語以外に、中国語、スペイン語、ロシア語が話せる。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です