【ビジネスマン必読】日本とオーストラリアの仕事の違い5つ


staff10

Hi Everyone! Ecomのマックスです。
みなさんは、海外の会社で働いたことがありますか?今日は、日本とオーストラリアの会社文化の違いについて書きます。
まず、一番大きな違いは働く時間でしょう。オーストラリアの会社員は大体、朝9時から夜5,6時まで働きます。日本のような残業文化は、ほぼありません。
オーストラリア人は5時に帰りたいから、仕事をその前に終わらせようと一生懸命働きます。仕事より家族と時間を過ごすのが大事という考え方もあるので、早く帰ることは悪い印象を与えません。

では、その他にはどういう違いがあるのでしょうか?まとめてみました。

 

日本とオーストラリアの仕事の違い5つ

 

1.Individualism is valued

大きな違いは、個人主義ということです。日本では基本的に、会社員はみんな一緒にグループとして会社のために働きますよね。一方オーストラリアでは、自分の意見やアイデアを言うことがとても大事です。そして、どんな人でも良いアイデアや意見を言えば、その人が褒美をもらいます。

2.No gift giving

日本では旅行や出張から帰った時に、上司や同僚や取引先にお土産をあげることがありますよね。この文化は、オーストラリアにはありません。しかも、オーストラリアで贈答はプライベートでやることだから、仕事では不適切とされます。

3.TGIF

日本の会社員はよく、仕事が終わったら飲みに行きますね。この文化は、オーストラリアではあまりありません。しかし金曜日にはTGIF (Thank God It’s Friday) という習慣があります。次の日は土曜日だから普通より早く仕事を終わらせて、5時か6時ぐらいには会社を出ます。そして、上司や同僚と一緒に飲みに行きます。でも、この飲み会は仕事のことを話すためではなく、楽しむためのものです。

 

 

4.Importance of the Handshake

アメリカと同じように、オーストラリアの会社でも握手は大事です。握手は、日本のお辞儀と同じように使います。男の人だったら強くにぎります。握手が弱い場合は相手に悪い印象を与えるので、気をつけてください。

 

5.Eye contact

お互いの視線を合わせることは、オーストラリアの会社員にとってとても大事です。英語には相槌のような言葉があまりないので、その代わりにアイコンタクトをします。上司や同僚の話を聞いている時は、必ずやります。そうしないと相手は「この人は自分の話をちゃんと聞いていない」と思ってしまいます。
また、日本語で話す時と同じように、話している途中に相槌をすると「話を早く終わらせてほしい」という印象を与えてしまうので、気をつけてください。

 

 

みなさん、いかがでしたか? 日本と違う所がたくさんありましたね。 オーストラリアの会社で働きたいですか?どちらの会社文化も、お互いに良い所があると思います。

 

 
それでは、See you next time!


今回の記事いかがでしたか?
よろしければ、Ecomの各種サービスも併せてご活用ください。
Ecomオンライン英会話  ・Ecom子供向けオンライン英会話

無料英単語学習アプリ「Memory」 ・Ecomの無料英語学習動画


maxforest

About maxforest

オーストラリアのシドニー出身。高校時代から現地で日本語の勉強をはじめる。ITに強く、ITと日本語を掛けあわせた新しい語学教育を取り組む。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。