アメリカ人がよく学ぶ人気の外国語TOP3 2


jenn

EcomのJennです。Hello everyone! How are you today?

こちらのブログではよくカナダについてのネタを書きますが、カナダだけではなく英語圏全体の文化を紹介するブログなので、今日はアメリカについて書きたいと思います。

世界中でアメリカ人は英語しか話さないというイメージがあるかと思いますが、実は語学学習がとても人気です。多くのアメリカ人が学校で外国語を勉強します。高校で外国語の授業もありますし、大学で外国語を勉強している学生も多いです。

では、アメリカ人はどんな外国語を勉強しているのでしょうか?今日はそれを紹介したいと思います。

 

その1. Spanish(スペイン語)

 

アメリカでよく学ばれている外国語 Spanish(スペイン語)

 

スペイン語はアメリカで英語の次に使われている言語です。そのため、外国語としてスペイン語を勉強したらとても役に立ちます。特にアメリカの南の方にある州(カリフォルニア・テキサス・フロリダなど)では、スペイン語圏のコミュニティーが多くて、英語とスペイン語の両方で書いてあるサイン・ラベルなどをよく見かけます。
このように身近な言語なので、勉強しようと考えている人も多いです。なお、スペイン語が使われている国は世界中(特に南米)にあるので、スペイン語を勉強したら旅行する際にもとても役に立つでしょう。

 

その2. French(フランス語)

 

アメリカでよく学ばれている外国語  French(フランス語)

 

フランス語はロマンティックな言語です。フランスに憧れる若い人も多いので、アメリカでは2番目によく学ばれている外国語になります。カナダではカナダのフランス語を勉強しますが、アメリカではフランスの標準フランス語が高校と大学で教えられています。なので、フランス語を学んだアメリカ人がカナダのケベック州に旅行をする際に、フランス語が学校で勉強したものと少し違って戸惑ってしまう場合があります。アメリカの高校では半分くらいでフランス語の授業があり、大学でもフランス語を勉強する大学生が多いです。

 

 

その3. German(ドイツ語)

 

 アメリカでよく学ばれている外国語  German(ドイツ語)

 

ドイツ語の勉強が人気な理由はおそらく、文法・単語などが英語にかなり近いからです。英語がネイティブだったら、ドイツ語は比較的学びやすい言語です。ドイツ語の文学・音楽に興味のある人も少なくはなく、それをより理解するためにドイツ語を勉強している人もいます。

皆さんは第2外国語として、英語以外に何を勉強されましたか?ぜひ教えてください!

それでは、また次回!See you again next time! Bye for now!


今回の記事いかがでしたか?
よろしければ、Ecomの各種サービスも併せてご活用ください。
Ecomオンライン英会話  ・Ecom子供向けオンライン英会話

無料英単語学習アプリ「Memory」 ・Ecomの無料英語学習動画


St.jeanJenn

About St.jeanJenn

カナダ、オンタリオ州出身。英語、仏語共にネイティブ。カナダの大学で、東アジア研究として、日本語の勉強を始める。卒業後、早稲田大学に留学し、2013年卒業。現在地元カナダに帰国中。 カナダの文化紹介、日本とカナダの比較記事などを書いて、皆さんが、カナダのことをもっと知ってもらえればと思います。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on “アメリカ人がよく学ぶ人気の外国語TOP3

  • Seiichi Furukawa

    Hello Jenn, How are you?

    When I watched a scene of D-day ceremony, Queen Elizabeth spoke in French at the ceremony. I guess French is the language which is widely spoken among noble people. However, a lot of Germans can speak English, so in Germany or Australia, I didn’t use German to communicate with them. However, it may be exciting if I could speak several foreign languages.
    I attended a medical conference last week and the guest speaker from Belgium spoke English at the meeting. I asked him at the reception which language he speaks as a native language. He said that he speaks mainly Dutch, but he can speak both German and French. It’s so cool to handle several languages as a native tongue.

  • http://www.reevesquadruplets.com/

    ayume comentou em 10 de julho de 2012 às 10:50. só pra complementar…acho que nao sou nem uma “it girl” nem uma “normal girl”, mas sim uma “dreamer girl”. hehehehecom um sonho de ter uma carreira brilhante como engenheira e tambem um casamento incrivel, com um vestido incrivel…(suspiros) hehehebjoss